診療時間 9:00~13:00 14:15~17:00/受付時間 8:00~17:00/休診日 日曜・祝日・水曜日・年末年始(12月31日~1月3日)/予約受付専用電話 028-633-6800 ※再来の方のみ
キーワード

眼圧日内変動検査2012-06-01

■眼圧は絶えず変動している
通常、眼圧は眼科診療施設で眼圧測定器械を使用して測定します。
あなたの目の眼圧は、常に一定なのではなく、1分間、1日間、1月間、1年間でも常に上がったり下がったりを繰り返しています。いつ高くでいつ低いかは人によって異なります。概ねの傾向としては、夜間に高く、寒い時期に高くなる傾向があります。

 

■眼圧は姿勢の影響を受ける
通常眼科での診察は座って行います。眼圧の測定も座った姿勢で行います。しかし、眼圧は座った時よりも寝た時の方が高くなる傾向があります。よって、日中座ったり立ったりしている時よりも夜寝ている時の方が、眼圧が高くなる方が多い傾向があります。

 

■あなたの眼圧
緑内障で通院して眼圧下降治療を受けている方の眼圧は通常1~3か月に一度、外来で測定された値で評価されます。実際には同じ日の夜、その日の気温によっても眼圧は異なりますが、多くの場合、定期的に眼圧を測定することで、それなりに眼圧の評価としては十分な情報になり得ます。

 

■緑内障の眼圧治療
緑内障の進行を抑制、停止させるためには眼圧を下げる治療を行います。眼圧を具体的にいくつにしたらよいか、という目標眼圧は人によって異なりますので、万人に共通する安全な値はありません。定期的に眼圧測定を行っている方の中には、外来の時間に測定した眼圧よりも、夜間寝ている時の眼圧が高いために、一見外来での眼圧は目標を下回っているにも関わらず、緑内障が進行してしまう方がいます。

 

■日内変動検査
これから緑内障の点眼治療を始める方、あるいは、外来での眼圧が治療目標を達成しているにも関わらず緑内障が進行している方、に対して行っています。
1泊入院して前日午前より翌日午後まで2~3時間ごとに「座った姿勢」と「寝た姿勢」で眼圧を測定し、昼と夜の差、姿勢による差の評価を行います。結果は検査当日、あるいは検査入院直後の外来再診時にグラフにしてお見せします。場合によっては眼圧が最も高くなる時間に合わせて治療点眼薬の種類を変更したり、点眼時刻を変更したりすることがあります。

ページトップへ