診療時間 9:00~13:00 14:15~17:00/受付時間 8:00~17:00/休診日 日曜・祝日・水曜日・年末年始(12月31日~1月3日)/予約受付専用電話 028-633-6800 ※再来の方のみ

治療・手術

ルセンティス/マクジェン硝子体注射
ルセンティス/マクジェン/アイリーア硝子体注射とは

ルセンティスやマクジェン、アイリーアといった薬剤を眼球内に注射することにより、新生血管の増殖や成長を抑制し消退させ、新生血管による出血性変化を改善します。
主な適応疾患は加齢性黄斑変性症で、中でも出血を伴う滲出型が対象となります。
現在2つの薬剤の中でより効果の強いルセンティスが第1選択となっています。

手術の時期

視力、眼圧、OCT、眼底カメラ、散瞳検査の結果で医師が判断します。

手術の流れ
  • 1.麻酔は基本的に点眼麻酔です。
  • 2.顕微鏡を使用して強膜から針を刺し、硝子体内に薬を注射します。
  • 3.注射後は眼圧が上昇することが多いので、病室で安静にし、異常がないことを確認してからお帰り頂きます。
注意

脳梗塞・狭心症・心筋梗塞・不整脈をお持ちの方、もしくはそれらの既往のある方は、ルセンティスの治療が受けられないことがあります。また、同様の医療でマクジェンという別の薬を使う場合もあります。

一覧に戻る
ページトップへ