診療時間 9:00~13:00 14:15~17:00/受付時間 8:00~17:00/休診日 日曜・祝日・水曜日・年末年始(12月31日~1月3日)/予約受付専用電話 028-633-6800 ※再来の方のみ

沿革/ヒストリー

当院について 設備一覧 沿革/ヒストリー 医師紹介 アクセスマップ 求人:募集要項

原 眼科病院は大正2年の開院以来、100年の歴史を歩んでいます。地域の皆さんに最善の医療を提供するため、国内および国外の最新の情報に広く目を向けつつ、安全安心の医療を第一に研鑽を続けてきました。これからも日々たゆまぬ努力を続けてまいります。

1921年当時の写真

1933年当時の写真。開設から20年現所在地に移転しました。

グレーは原眼科病院沿革 …原眼科病院沿革 オレンジは学会活動 …学会活動
1913年(大正2年):開院
1913年(大正2年)
初代院長 原 圭三と妻 ハルにより宇都宮市四条町に原眼科医院開設(借家、入院設備なし)
1919年(大正8年)
医院火災により焼失
1921年(大正10年)
焼失跡に医院新築(借地)
1933年(昭和8年)
原眼科病院を現在地に新築(病室7室、全室畳)
1951年(昭和26年)
医療法人圭明会 原眼科病院設立
増築(全病室9室、21名)
1953年(昭和28年)
木造2階建て病室新築(全病室18室、33名)
1957年(昭和32年)
第2代院長 原 蕃 就任
1968年(昭和43年)
緑内障手術開始
1972年(昭和47年)
新築診療棟完成(全23室50床)
手術顕微鏡導入
1973年(昭和48年)
職員への院内研修(講義)開始
1974年(昭和49年)
職員宿舎完成
1975年(昭和50年)

職員業務分担1週間のローテーション開始(看護婦・士,検査,事務)

TV中継による患者家族への手術公開開始

硝子体手術開始

1976年(昭和51年)
眼内レンズ挿入術開始
1979年(昭和54年)

ショック訓練,防火訓練開始

超音波白内障手術開始

職員の論文発表開始

1982年(昭和57年)
世界眼内レンズ学会(於:インド,ハイデラバード)で最初の海外発表.講演及び招待手術実演
1984年(昭和59年)

第7回アメリカ眼内レンズ学会(於:ロスアンゼルス)で発表およびフィルムフェスティバルで初めての受賞

全面改修増築(全病室21室50床)

日本眼科学会専門医制度研修施設指定病院

フェイルセーフシステム及びトラブル報告書による医療安全への取り組み開始

1985年(昭和60年)
第1回国際眼内レンズ学会・第8回アメリカ眼内レンズ学会合同学会(於:ボストン)で「Endocapsular phacoemulsification and aspiration and complete in-the-bag IOL fixation」によりグランプリ受賞
1987年(昭和62年)
手術室改装、無菌手術室完成
1990年(平成2年)
職員海外での研究発表開始
1992年(平成4年)
看護職員を1年間の研修留学に派遣
1995年(平成7年)
第8回ドイツ眼科手術学会(DOC) (ニュールンベルグ)のフィルムフェスティバルで「Lens refilling with the use of endocapsular balloon for restoring accommodation」によりグランプリ受賞
1997年(平成9年)

第3代院長 原 孜 就任

新看護体制スタート(13室30床)

1998年(平成10年)
診察室拡張
1999年(平成11年)
レーシック開始
2004年(平成16年)
(財)日本医療機能評価機構による認定病院になる(認定期間~2009.3.15)
2006年(平成18年)
第29回日本眼科手術学会のOphthalmic Film Award 2006で「Endocapsular equator ringの人眼応用」によりグランプリ受賞
2007年(平成19年)
先進医療「眼底三次元画像解析」(OCT, HRT)の施設認定を受ける(2008年4月から保険収載)
2009年(平成21年)
病院内全面禁煙化
2011年(平成23年)

東日本大震災

第4代院長 原 岳就任

先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」施設認定

ヨーロッパ眼科看護師検査士学会の一般講演において「Changes in anterior chamber depth after cataract surgery in eyes」により最優秀賞受賞

外壁改装工事完了

2017年(平成29年)
新館新築及び本館全面改築工事完了
ページトップへ